どすこいの海日記

好きなダイビングや写真に関すること、 その他思うことを書いちゃいます

ところ変われば普通種のベラ

アニラオで苦労して見つけたゴシキキュウセンは

何とブヤットベイでは普通種と化しており

カザリキュウセンより多い優先種となっており

わんさかいるのであった
Goshikikyusen1104_262D.jpg
わんさかいるから当然、求愛に出会える確率も高くなる

で、こんなふうに鰭をびや~って全開にする雄同士の張り合いにもで会えちゃったりして

思わずぼーっと見惚れちゃったりなんかして
Goshikikyusen1105_303D.jpg
でもやっぱりこいつらも弾丸だから

ピント合わせに一苦労してしまうのであった

PageTop

初見のベラ

ブヤットベイではオレンジバックフェアリーラスもいた

こいつも赤目だから初めのうちはレッドアイと区別がつかなかったが

毎日ベラの群れをよく観察し、毎晩図鑑とにらめっこしているうちに

レッドアイのなかに違う種が混じっていることを認識

見分けるポイントはどこでしょう?

といっても誰も答えが返ってきそうにないので説明すると

頭の上にあざのような模様があるのがオレンジバック

そしてこのあざがなく、鰓蓋のところに模様が入っているのがレッドアイ
Orangebackfairy1105_154D.jpg
ということで暇な人は前回アップしたレッドアイと見比べて

ベラ図鑑でも特徴を確認してみてください

もちろん、異論反論オブジェクション!

も受け付けてます

ちなみにこの種はとても貴重らしく、ベラ図鑑によるとトミニ湾あたりにしかいないそうだ

PageTop

納得できないベラ

「ブヤットベイにはレッドアイフェアリーラスが沢山いるよ」

と、知人ダイバーから聞いたこの一言でブヤットベイ行きを決めた

潜ってみると確かに沢山いる

クロヘリもいるけどレッドアイのほうが多く優先種のようだ

ところがこのレッドアイ、ややっこしいことに色んなバージョンがいるのだ

こいつもレッドアイ
Redeyefairy1104_289D.jpg
そしてこいつもレッドアイ
Redeyefairy1105_103D.jpg
さて、見分けるポイントが分かった人は相当なベラ通です

PageTop

弾丸のように泳ぐベラ

ブヤットベイでは猛スピードでシラタキベラが泳いでいた

しかもヤマシロベラを激しく追いかけまわして

2種で雄同士の張り合い

弾丸のように泳ぐこいつは超かっくいい
Shirataki1105_100D.jpg

PageTop

ブヤットのクジャク

レンべではフィラメンテッドフラッシャーは沢山いたけど

ピンクフラッシャーは一度も見かけたことがなかった

だからこの二種は住み分けをしているのかと密かに思っていた

ところがブヤットベイではピンクフラッシャーとフィラメンテッドが混在しているではないか

しかも立派にフラッシングまでしているのであった
Pinkflasher1105_9D.jpg

PageTop